適切な診断書ができる


法律事務所の弁護士に対して後遺障害の等級認定の申請をお願いすると、有利な後遺障害診断書が仕上がる確率が高いです。自賠責保険での後遺障害等級認定の審査は書面で行なわれるため、後遺障害診断書の中身が等級認定にかなり響くことになります。診断書というぐらいですので、書類の作成は医師が行ないます。後遺障害診断書の作成について主治医に何をお願いすればいいかご存知ない方や、なんとなくわかっているものの頼みづらいという方は、弁護士に相談・依頼するのがおすすめです。

診断書弁護士が介入することにより、交通事故の被害を受けた人の代わりに診断書作成要領を医師に渡してくれます。さらに追加での検査を求めてくれたり、書類に直すべき点があればそこを直させてくれたりもするのです。こうした弁護士の活動によって、適切な後遺障害診断書が完成し、有利な等級認定を勝ち取れる可能性が高まるというわけです。

なお、自分ではどういう診断書であれば有利になるのかがわかっていても、被害者が単独で動いているうちはまともに相手をしてくれない医師が少なくありません。これに対し、弁護士が介入すればすんなり応じてくれることが多いです。後遺障害の等級認定の取得に対する本気度が高いことが伝わるなど理由はいろいろあるでしょうが、診断書の準備で行き詰まるのを避けたければ弁護士に相談・依頼するのが無難といえそうです。