交通事故の後遺症申請


交通事故被害での後遺障害認定には、事前認定と被害者請求の2種類の申請方法があります。弁護士に相談して正式に依頼をすると、多くは被害者請求が選択されます。被害者請求は被害者が自ら加害者の自賠責保険に対し、直接に後遺障害の等級認定を請求する手段をさします。弁護士に依頼をすると、その弁護士は依頼人の代わりに満足のいく結果を得るために尽力してくれます。

後遺障害認定専門的な用語が並ぶと混乱する方が多いですが、わかりやすくいうと弁護士に依頼することで後遺障害の等級認定が上がり、受け取れるお金が高額になる見込みがあるということです。ただ、弁護士に依頼することで損害賠償金額が高くなったとしても、弁護士費用と相殺されるのではないかと思う方もいるでしょう。

たしかにこの弁護士費用が発生するということは弁護士に依頼する唯一のデメリットといってもいいものなのですが、任意保険などに弁護士費用特約を付けていれば、多くの場合は限度額300万円については弁護士費用は保険会社負担となります。特約を使っても等級はダウンせず保険料の負担アップになることもありません。受け取れる賠償金はすべて被害者のものとなるのです。なお、この特約は自分が加入している以外に家族が入っているものでも使えるケースがありますし、加入時に非付帯でも、あとから追加で付帯させることもでき、安価で付けられます。

費用の問題は上記のとおり保険の特約で解決でき、特約なしでも弁護士が介入するほうが自分だけでの解決を目指すより利益は大きくなることが多いです。当サイトでは後遺症害の認定に関して弁護士を頼るメリットをご紹介しますので、興味のある方はチェックしてみてください。